非ステロイド系の薬は色素沈着を起こしやすい

お肌がかぶれてしまったり、

湿疹ができてしまったときに

まずは薬局に行き、

抗炎症薬を買おうと思って

棚を見てみると、

「非ステロイド」というのを

売りにしている薬がたくさんあります。

 

なんとなく、

ステロイドって言葉を見ると、

マイナスなイメージが強くなり、

危ないんじゃないかって

思う人が多いため、

「非ステロイド」というのが

セールストークに使われるようですが!!

 

実は非ステロイドって

別に安全な薬って意味ではないんですよ。

 

あくまでステロイドを

使っていないというだけです。

 

なぜか悪者にされがちな

ステロイドですが、

うまく取り入れ

素早く直したほうが、

お肌は綺麗になると思います。

 

 

非ステロイド薬が原因でかぶれることも?

かぶれた肌を治したくて

購入した非ステロイド薬が

新たなかぶれの原因になることがあります。

 

最終的には

かぶれは治ると思いますが、

厄介なのが色素沈着です。

 

湿疹やかぶれというのは

時間をかけてしまうと、

お肌に色が残りやすくなります。

 

赤みは引いたんだけど、

なんか茶色っぽくなってる

なんて経験はありませんか?

 

それが色素沈着といわれるものです。

 

過去にステロイドを使って

嫌な思いをしたことがある人は

なかなか抵抗があると思いますが、

正しく使えば、綺麗に肌が治り

色素沈着の恐れも少ないです。

 

非ステロイド薬と聞けば、

安心感はあるかもしれませんが、

安全とは言い難いです。

色素沈着させないためには

お肌のトラブルが起きたら、

なるべく早めに治療することが

もっとも大事なことです。

 

ステロイド剤をうまく活用して

素早く治すと、

色素沈着が起きず、

綺麗な色の肌に戻ります。

 

皮膚科によっては、

ステロイドが入った塗り薬を

ただ処方するだけで

使い方を説明してくれない

医師もそこそこいますね。

 

僕がいつも説明している

やり方をご紹介します。

 

ステロイド外用薬の塗り方

処方されたお薬を

直接お肌に塗るのではなく、

まずはワセリンを塗ってください。

 

そのワセリンの上から、

お薬を塗ると、

ニュルニュルしてすごく伸びると思います。

 

少量で広い範囲に塗ることができるのと

直接肌に塗るのに比べて

お肌の負担も小さいです。

 

お肌が強い、弱い関係なく、

まずはワセリンとおぼえておいてください。

 

ワセリンを持ってない人は、

皮膚科に行った時に、

ワセリンもくださいといえば

一緒に処方してくれます。

 

保険を使って3割負担の場合

数百円程度で購入できるので

経済的な負担もあまりないですよ

 

 

まとめ

ステロイド恐怖症になって、

非ステロイド薬を使いすぎると

逆に、かぶれてしまったり、

色素沈着を起こすことがあります。

 

綺麗に直したいのであれば、

炎症したり、あれてしまった肌を

素早く治すことが大事です。

 

まずはワセリンを塗って、

その上から薬を塗るという使い方を

してみてはいかがでしょうか?

 

かぶれが治っても、

色素沈着すると

なんかシミみたいでイヤですもんね~

タイトルとURLをコピーしました