小城博士提唱の神経機能年齢が15歳に若返る『神経治療』とは?

神経麻痺、運動麻痺など

既存の治療法では

回復が困難な症状に対して、

投薬、注射などを一切使用せずに

手技のみで大きく回復させたことで

話題になっている「神経治療」について

お話したいと思います。

麻痺のみならず、

様々な痛みや障害を回復させる

新たな治療法として

広めていくことができたらと考えています。

 

目次

神経治療ができた背景

神経治療とは?

ランダム化比較試験結果

治療実績

神経治療ができた背景

神経治療という言葉だけを見ると

神経に針などで物理的な刺激を加えるか

薬によって活性化もしくは制限を加えるか

というイメージが湧くかもしれませんが、

神経治療は手技のみで行います。

 

なぜ手技療法にこだわったのか?

という点についてお話します

 

これまで麻痺治療といえば

投薬治療、電気刺激、針などを

使用してきましたが、

治るときは治るかもしれませんが、

数カ月間頑張っても

ほとんど効果が得られないことで

患者さんのモチベーションが低下し

リハビリテーションが続けられなくなる

といった問題がありました。

 

さらに、

痛みや恐怖が伴うことで

また次回行くのが嫌だなぁ・・・

って感じる方も少なくありません。

 

できることであれば、

投薬、注射などをせずに

治していきたいと考えている方は

とても多いです。

 

近年、

合気道や古武術の動きを取り入れた

運動療法が効果的ということで

大きな注目を集めていますが、

体が麻痺したり障害があるときに

武道の動きをするというのは

身体、精神的に大きな負担があります。

 

ある程度動ける方であれば

まだいいのですが、

寝たきりになってしまっている方や

足を少し上げるだけでも痛い

痛くなくても動かすのがなんか怖い

という方にとっては

運動療法は地獄のような時間になります。

 

そのため、

もっと受け身で治療できる

楽なリハビリテーションが

切望されています。

 

受け身の状態で受けられる

治療法として有名なものは

指圧治療やストレッチなどがあります

 

筋肉を柔らかくするという点において

マッサージは良いかもしれませんが、

神経そのものが修復されたり

若返るということはほとんどありません。

 

アメリカでは手技療法で

神経にアプローチできる

といわれている治療法がいくつかあります。

 

日本に伝わっているもので

有名なものでは

  • カイロプラクティック(補完代替医療)
  • PNF(促通手技療法)
  • オステオパシー(医療哲学で療法ではない)

というものが神経にアプローチできている

とされています。

 

実際にこれらの手法が

脳神経にどの程度の影響を与えているのか

医療機を使って測定したところ

確かに影響を与えているものの

技術レベルによっては

むしろマイナスになることも多く、

かなり高度な技術体系となっています。

 

見た目だけ真似するのは簡単なので

それっぽいことをやった気になっている

施術者の方はたくさんいます。

 

ただ、問題なのは

なんとなく良くなったではなく、

再現性があり数値として評価しても

間違いなくこれしかないなと

断言できるレベルのものではなかったです。

 

どんな治療法でもそうですが、

トップクラスの技術力の方は

魔法のような結果を出す方がいます。

 

しかし、

神格化することによる

プラシーボ効果があり

結果として治っているものの

施術そのものがよかったのか?

という点においては評価しづらく

なっていることがあります。

 

あれこれ否定的な意見を書いてきましたが、

手技によって神経にアプローチができる

というのは先人たちによって

証明されているのであれば

良い部分は残しつつ

いらない部分は削ぎ落として

改良すれば良い

という考えに至りました。

 

手技療法とは似て非なるもので

不思議と体が良くなると言われているもので

  • 気功
  • レイキヒーリング
  • エネルギーワーク

と言われるものがあります。

 

スピリチュアルと聞くと

それだけでうさんくさいと

アレルギー反応を起こす方もいますが、

患者からすれば治ればなんでもいいんです。

 

今よりも痛みがなくなって

もとのように動けるようになるなら

西洋医学的な手法にこだわる理由は

とくにないと思います。

 

僕はそういった偏見がまったくない

科学者なので、

実際にヒーリング等を受けてみたところ

治癒促進効果や副交感神経への働きは

良いものがありましたが、

僕が望んでいる効果とは

少し違っていました。

 

これらの手技療法の

良い部分をあわせて改良することで

新たな整体技術を作れないかな

と考えた結果行き着いたのが

今回の「神経治療」になります。

 

過去にオステオパシーを受けた方からは

これはオステオパシーと似てるね

って言われますし、

外から見ているとPNFみたいといわれることもあります。

 

スピリチュアルの

お仕事をされている方からは

これはヒーリングでしょう

科学者じゃなくて霊能者じゃない

なんて評価されることあります。

 

良い部分を抽出して

アレンジしつつ独自の理論を入れて

シンプル化したものが

神経治療なので

似ているなと感じると思いますが、

似ているだけで全然別物の

治療法とであり、

なによりも治療結果の効果が異なります。

 

僕一人だけしかできないなら

僕が謎の才能にあふれる人ってことで

終わってしまうのですが、

そういうわけではありません。

技術習得はそれほど難しくはないと思います。

 

ある程度、

指先の繊細な感覚は必要なので

100人中100人ができる

とまではいいませんが、

多く人が技術習得できる可能性が

十分にある治療法になっています。

神経治療とは?

さて前置きがだいぶ長くなりましたが、

神経治療ってどんな治療なのかを

説明したいと思います。

 

手や指を使って、

患者の体にちょこんと触れます。

 

ただ触れているだけでは

何も起きませんが、

微弱な圧と微細振動を送ることで

体に不随意的な反射や反応が起きます。

 

これだとよくわからないと思いますので

誰でもわかる例えを出しますと

膝下をポンって叩くと

足がビクッとなって少し上がる

反射を見たことはないですか

 

それのもっと弱い力で

全身のあちこちで筋肉を収縮させて

反射を起こしているイメージです。

 

なので、

体を叩いたり、指圧したりはしません。

指先でちょんって触る程度だったり

手のひらで優しく触れる程度の圧です。

 

これを右手と左手を使って

圧の方向と軸を揃えてあげると

(ここが難しい)

これまでに無いような反応が起きます。

 

受けている側は、

なんかピクってなったと感じるか

なにも感じない方が多いです。

 

なんか手が暖かいなぁ

なにしてるんだろうって

思っていると、

あるタイミングから

体の中が少しビリビリするのが

分かる方が出てきます。

 

神経が治ってくると

僕がかなり細かいことをやっているというのが

説明しなくても感じられるようになります

 

この治療法は

やり方そのものは

そこまで難しくないのですが、

どこに何をすればいいのか

という検査力がないと

ただ体中をピクッとさせているだけになります。

 

それでも、

様々な痛みが緩和したり、

肩のこりや腰のハリくらいは

すぐによくなるのですが、

麻痺の治療となると

さすがにそんないい加減なやり方だと

うまくいきません。

 

必要な場所に必要な角度で

触れて軸を綺麗に揃える

ここが腕の見せ所になります。

 

 

このようなぱっと見ると

触れているだけに感じる治療法なので

寝たきりの方や

少しでも動かすと痛い方であっても

治療を簡単に行うことができます。

 

体を捻ったり、ストレッチさせないので

痛いのを我慢したり、

辛いのに頑張って動かさなくても大丈夫です。

 

ベッドで横になって寝ていれば

どんどん神経機能が回復して

体がよくなっていくというのが

神経治療になります。

 

なので僕が治しているのは

神経であって体全体ではないのです。

自分の力で回復に向かっているので

無理なく良くなります。

 

ランダム化比較試験結果

本当に神経機能が回復しているの?

って思う方もいるとおもうので、

医療機を使って神経機能レベルが

きちんと高まっているのか

臨床試験を行いました。

 

実験協力者数は553名

男性271名, 女性282名

10~88歳 平均51.2歳

の方々に協力していただきました。

 

頭部や足、腕に治療を15分行ったところ

神経機能働きが200%以上向上しました。

そのまとめグラフがこちらです。

LFというのは交感神経の機能レベルです

HFは副交感神経

TPは神経機能全体の働きになります

見ていただいても分かる通り

全年代で大きく機能レベルが

跳ね上がっているのがわかります。

 

特に60代以上となると

400%以上となっており、

一気に神経が若返っているのが

この神経治療の特徴です。

 

一般的に治療というと

若いほうが有利ことが多いですが、

神経治療は60過ぎると

とてつもない効果を発揮するというも

大きな特徴です。

 

この数字だけ見てもよくわからないと思うので、

もうちょっとわかりやすくいいますと

神経治療を受けると

神経が15歳位のころのレベルに若返る

というものです。

15歳若返るのではなく、

中学生くらいのレベルの戻るというのは

なかなか驚異的だと思います。

 

運動神経、反射神経、視神経など

いろいろな神経がありますが、

どんなに努力していても

衰えていきます。

 

優秀なアスリートも

40代になるころには

だんだんとついていけなくなるのは

神経機能の衰えが影響しています。

 

それを一回の施術で

若返らせることができる

という驚異の技術が神経治療なのです。

 

一度は考えたことはありませんか?

今の知識と経験をもったまま

若い頃に戻れたらなぁ

 

それを可能にするのが神経治療です。

麻痺に悩む方の治療にも良いですが、

今現在、運動されている方

体を使う仕事をしている方

事故や手術によって思うように

動かせなくなってしまった方

 

神経治療を受ければ

また全盛期のころのような

軽やかな動きを取り戻せるかもしれません。

 

万能の治療法ではないので

もちろん、なんでも治るわけではありません。

 

砕けた骨がみるみる再生

そんなことは起きませんが、

体に繋がっているのであれば

効果的なリハビリテーションとなります。

 

過去に大怪我をしたことで、

球を投げることできなくなるような

イップスにも効果があります。

 

恐怖心というのは

脳だけの問題ではなく、

細胞1つ1つが記憶しているトラウマによって

体が動くけど動かせない

ということがおきます。

 

こういった症状は

なかなか治療が困難なのですが、

神経治療だと比較的簡単に治ります。

 

受けた方の声

神経治療を受けられた方の

コメントや投稿を見ると

なんでなんで!!

なんで動くのってびっくりされることが多いです。

 

 

治療中はただ横になって寝ているだけですし

マッサージみたいに押さたりしないから

痛いおもいをすることはないです。

 

僕が施術する場合は

とても手が暖かいので

なんか眠くなるという人もたくさんいます。

 

そんな感じにぼぉってしてると

神経が若返って起き上がってみると

すっかり体がよくなっています。

 

神経というのは目に見えない話なので

ほんとかよって思う方もいるでしょうが

目に見えて変化するのは肌です。

 

腕の神経治療をすると

腕の皮膚がしっとりと潤って

もちもちになります。

黄ぐすみもとれるので

自分で見て触って

若返っていることを体験できるので

誰も疑う方はいないです。

 

まったく腕を触っていないのに

腕がもちもちになって潤う

 

神経が若返るってほんとすごいでしょう。

 

麻痺治療だけではなく

様々な疾患にも対応できます。

過去に治療してきた実績の一部を紹介しますと

 

その他治療実績例

  • 視野狭窄
    顔面麻痺
  • 脊柱管狭窄症による間欠性跛行
    頸椎ヘルニア
    頚椎椎間板ヘルニアの痺れが改善
    神経筋痛症
  • 肩関節周囲炎
    五十肩
    テニス肘
    野球肩
    捻挫
  • 前十字靱帯完全断裂 OPE前
    剥離骨折、離断性骨軟骨炎
    半月板損傷での痛み
    オスグッド
  • 骨折後の屈曲制限
    膝の完全伸展不能
  • 過食・拒食症
    イップス
    カウンセリングをしないトラウマ治療
    謎の恐怖心
    頭痛
    不妊治療

•骨折後の屈曲制限
•膝の完全伸展不能
•過食・拒食症
•イップス
•謎の恐怖心
•頭痛

 

どれもこれも普通に治療するのは

とっても難しいです

特に視野狭窄といって

視野が年々狭くなって見えなくなる病気は

眼科の名医であってもお手上げになることが多いです

 

神経治療なら治る!とは

断言できませんが、

0%のまま放置するよりは

治療実績がある神経治療を

一度は受けてみるのもありだと思います。

 

なんか怪しいな

ほんとにそんなことできるの?って

疑いを持たれる方は

別の治療法をお探しください。

不安に感じながら受けても

お互いに辛いだけだと思います。

 

 

あと本当はたいして悪くもないのに

そんなにスゴイなら試してやるか

という気持ちの方はご遠慮ください

 

本当に悩んでいる人に

治療を行いたいので

そういう精神状態の方は

お相手することができません。

 

こういう書き方をすると

ちょっと肩こりがひどいくらいだと

駄目なのかなって誤解を与えてしまいますが

そういうわけではありません。

 

神経治療を僕から受けたい

という前向きな気持ちがあれば

それで十分です。

 

ちょっと医療をかじった人に

絡まれるのがうざったいので

注意書きをしてみました。

エビデンスは十分にあるので

ご安心ください。

オカルト整体ではございません。

 

なお治療費は症状によって異なるので

なんともいえませんが、

初回は2万円くらいかかると思います。

保険治療ではないので決して安くはないですが、

マッサージや整体に複数回行くことを考えたら

むしろ安いほうだと思います。

出張時以外では横浜市内で

治療を行います。

 

受けたときだけなんとなく

調子が良くなるのではなく

受けた次の日、2日後のほうが調子が上がるのが

神経治療です。

 

もし神経治療に興味を持たれた方は

こちらのフォームからお問い合わせください

神経治療お問い合わせフォーム
タイトルとURLをコピーしました