東京コロナ陽性者急増オリンピックはあまり関係なくワクチン接種の成果の1つ

ここ数日東京のコロナ陽性者数が

3000人を超えたということで

メディア等で大騒ぎになっていますが、

実はあまり騒ぐ必要がない状況なのです。

 

ちょうどオリンピックが始まってから

コロナ陽性者が急増しているので

一部のよくわからない人たちが

今すぐオリンピックを中止しろ!

って騒いでおりましたが、

オリンピックのせいで

コロナの陽性者が急激に

増えているわけではないのです。

 

外国からたくさんの選手と

スタッフが来日したんだから

そのせいじゃないの?

って思う方もいると思います。

 

でも冷静に考えてみてほしいのですが

外国のアスリートはみんな

コロナに感染しているのでしょうか?

もしそうなら、

選手村でクラスターが発生して

試合や競技を行えないと思います。

 

オリンピック期間中の選手は

かなり細かいレベルで警戒しています。

 

例えば、

ペットボトルの飲料水を

ちょっとなにかあって

テーブルに置いて1秒位目を離したとしたら

もうこのペットボトルは破棄するんです。

 

なぜかといいますと

目を少しでも離した瞬間があると

そのときに誰かが触るかもしれないし

ペットボトルの中に違法薬物や

ドーピングに引っかかるものを混入させてくる

ということがあるため、

ほんのちょっとでも目を離したら

それはもう捨てるしか無い

ということを徹底しています。

 

他にも細かい対策はたくさんありますが、

少なくとも一般人の生活より

はるかに気を使った日々を送っています。

 

選手やスタッフも感染したら

その後の人生が大きく変わるため

細心の注意をはらっています。

 

もちろんオリンピックの影響が

ゼロとはいいませんが、

すべてをオリンピックのせいにするのは

おかしな話だと思います。

 

ではなぜ、

東京でコロナの陽性者が急増しているのか

ということについて

お話したいと思います。

コロナ陽性者急増の理由は?

コロナ陽性者が急増した理由は

たくさんあるのですが、

まずいちばん大きな問題は

PCR検査数が急に増えたことです。

 

東京都が発表している

検査数実施件数のグラフです。

都内の最新感染動向より引用

7月下旬に急に検査数増えてますね。

ここ2ヶ月は1万件いくかどうか

くらいの検査数でしたが、

急に18500件検査をしはじめ

増えた増えたと大騒ぎしています。

 

検査数が異なるため、

先週に比べて多いとか少ないというのは

あまり意味がない数字になります。

 

それよりももっと気にしないといけないのは

重症者数がどれだけ増えているかです。

 

重症者・死亡者は?

こちらが重症患者数のグラフです。

新規陽性者数は3000人以上と

増えて続けているものの

重症者数はそこまで極端に増えていません。

 

少し多くはなっているので、

油断はできませんが、

まだ大きな心配が必要な時期ではありません。

 

そして、

もっと重要なのデータは

死亡者数がどれだけ増えているのかです

コロナ陽性者数は急増していても

死亡者はむしろ減少傾向にあります。

 

重症者数が少ない理由や

死亡者が少なくなっている理由は

ワクチン接種の成果の1つ

として考えてみても良いと思います。

 

ファイザーやモデルナ等のワクチンは

コロナに感染することそのものは

あまり防ぐ効果がありませんが、

重症化、死亡しづらいという点では

全世界で見てもある程度は評価できます。

ワクチン接種がすすむと陽性者が増える?

もう2回ワクチン打ったから

自分は大丈夫と勘違いする人が

増えてくると気がつけば

自分がウイルスをばらまく存在になっている

というのがワクチン接種が

半端に進んだときの状況になります。

 

ワクチン接種の前に

もっとはっきりと伝えないといけません。

 

ワクチンを接種しても

新型コロナウイルスに感染します

効果も半年持つかわかりません。

2回打っただけでは効果がそこまで期待できず

感染率が30%~50%程度下がる程度なので

ワクチン接種しても安心せずに

これまで通り感染対策をして

手洗いうがいを徹底してください

と念を押すべきなのですが・・・

 

それを言ってしまうと

なんのためにワクチンを打つんですか?

副反応だって楽なものではないのに・・・

ということが気づかれるので、

もう打ったから大丈夫という

風潮を作りたいのはわからなくもないです。

 

あくまでもワクチンは

万が一コロナウイルスに感染したとしても

重症化しづらくなるのと

死亡しづらくなるというのが

大きなメリットなのです。

 

ワクチン接種しても

感染率はあまり変わらないので、

今回みたいに急に増えると

オリンピックが悪いとか

デルタ株がどうとか始まるのですが、

何もなくても、

ワクチン接種したから大丈夫

という安心感があれば

どこかのタイミングで陽性者は増えます

 

しかし、

陽性者数はあまり気にしても仕方なく

重症者数や死亡者数をよく見て

今が本当に危険な状況なのか?

 

緊急事態といえる状況なのかを

判断できる目が必要だと思います。

 

日本では年間に100万人以上の方が

なにかしらの理由で亡くなります。

 

一ヶ月に約10万人

1日に3000人以上の方が

死亡する日本という国で、

東京都内で1日1~4人

コロナで死亡するというのが

はたして多いのか?

 

東京の人口は人口1396万人

ということを考えると

単純計算で

毎日300人ほどの方が

亡くなっています。

 

その中の1%ほどがコロナによる

死亡というは決して高い比率だとは

思いませんが、

死亡原因の1%がコロナによるものというのが

緊急事態と言えるのか

あらためて考える必要があると思います。

 

なんで陽性者が増えているのかなんて

繁華街をちょっと散歩すれば

一目瞭然でしょう。

 

オリンピックと外国人のせいにするのは

みっともないのでやめましょうね。

タイトルとURLをコピーしました