手術無しで膣内が若返るレーザー治療で尿漏れも改善

尿漏れというと高齢者が

なるイメージがあるかもしれませんが、

P&Gジャパンが行った

20~60代の日本人女性4万人を対象に

尿漏れの経験の有無を調査したところ

20代でも半数の方が尿漏れの経験

あるようです。

 

実際に尿漏れを経験しているものの、

尿漏れの専用ケア用品を使用される方は

2割以下というデータが出ており、

比較的放置されているようです。

 

各年代における

膣圧性尿失禁の有病率は

若いから大丈夫とか

高齢者だからなるというものとは違い

40~50代で多くなるのが特徴です。

こちらのグラフが各年代ごとの

尿失禁の有病率です。

(メディカルトピア草加病院より引用)

 

元となった論文が1990年と古いため

最高でも48%程度ですが、

2020年現在ではもう少し高くなっていると

予想されます。

尿漏れというのは

年代、性別問わず経験するものですが

内容が内容なだけに

他人や身内に相談するということは

あまりないでしょう。

 

お腹に衝撃があると

漏れてしまったり

ジャンプしただけで少し出たりと

尿道の機能低下とともに

ちょっとしたことで

漏れるようになります。

 

多くの人が悩んでいるものの

どうやったら治るのだろうか?

なんとなく場所が場所なだけに

治療するのも怖いという

声もたくさんあります。

 

 

尿漏れの治療方法

尿漏れの治療方法は

大きく分けて3種類あります。

薬物治療

抗コリン薬というものを使用して

神経伝達物質の働きを阻害することで、

おしっこしたいという気持ちを抑えたり

頻尿を改善することができます。

 

副作用として

口が乾きやすくなることと

便秘になりやすくなります。

 

飲み薬タイプと貼り薬タイプがあり

副作用を少なくしたいのであれば

貼り薬を使用するのが良いです。

 

 

抗コリン薬以外では

漢方薬が処方されることもあります。

夜間の尿意が多い方は

八味地黄丸(はちみじおうがん)

 

手足の痺れやむくみもある方なら

牛車腎気丸などが処方されるでしょう。

 

 

尿道スリング手術

骨盤底筋が弱くなったことで

尿道がグラつく人は

テープで固定して支えるという

手術があります。

 

健康保険が使えるのと

手術時間も長くても1時間程度なため

こちらを検討される方もいますが、

問題は術後に痛みが出ることがあることです。

 

ポリプロピレンのテープを使うため

テープの貼る位置や素材との相性から

痛みが出る方がいます。

全員がそうなるわけではないですが、

そういったリスクがあります。

 

 

レーザー治療

抗コリン薬、漢方薬

テープによる手術は

副作用や痛みのリスクがありますが、

そういった問題がない

新しい治療法として

注目されているのが

レーザー治療です。

 

膣や尿道にプローブという

棒状の細い筒を入れて

レーザーを照射します。

 

使用するレーザーは

Er:YAG Laser

エルビウムヤグレーザーという

発熱が少なく周囲の組織に影響を与えない

安全性が高いレーザーです。

 

膣内を傷つけないレーザーを使用するため

麻酔をする必要がありません。

 

膣になにか入れるのが怖い

と感じるかもしれませんが、

綿棒のようなものが

一時的に入るだけなので、

挿入することによる

痛みはほとんどないと思います。

 

 

レーザー照射をすることで、

血流がよくなることで、

コラーゲンが効率よく

生み出されるようになります。

 

膣内の組織そのものが

若返るようなイメージで、

尿漏れの改善だけではなく、

膣内の血流が良くなることで

お肌のコンディションがよくなったり

毛細血管が発達するなど

様々なメリットがあります。

 

1回の治療時間も

20分程度と短く

2~3回治療を行えば

かなり改善が見込めます。

 

一度治療すると

膣内の組織そのものが

若返っていますので、

3年程度は保つといわれています。

 

20分の治療を3回行えば

3年間はよくなると思うと

かなり効率がよい治療法ではないでしょうか

 

ただこのレーザー治療にも

1つ欠点があります。

 

それは・・・

費用が高いことです。

 

1回の治療費用が

約10万円です。

 

3回治療したとしたら

30万円かかるので、

唯一、欠点を上げるとしたら

治療費用が高いという点ですね。

 

3年間リスクがなく、

膣内も若返って

血流がよくなることで

お肌のコンディションも良くなる費用が

30万円だとすると

安いといえば安いかもしれません。

 

30万円で3年間ということは

1日あたり274円です。

 

1日274円

1ヶ月で8220円

 

美容という点で考えると

ちょっと良い美容液くらいの

価格帯でしょうか

 

尿漏れに悩まれている方

膣内のコンディションを良くしたい方は

レーザー治療を検討されるのも

ありだとおもいます。

 

他の治療法と比べても

レーザー治療がもっとも

膣圧性尿失禁が改善された

という研究報告が

2019年にありました。

 

初回に出ていくお金は大きいですが

検討する価値は十分にあると思います。

 

尿漏れを治すことで、

様々な美容効果も期待できますので、

少し衰えてしまった膣を

回復させてみてはいかがでしょうか

タイトルとURLをコピーしました