目の敵にされたレジ袋、実は使ったほうがエコだった

少し前までコンビニやスーパーなどで

無料でもらえていたレジ袋ですが、

海洋プラスチックゴミの問題や

世界的な流れを考えて

日本でもなるべくポリ袋を

使わないようにしようということで

レジ袋が有料化となりました。

 

エコのために

多少不便になってもしょうがない

世界的には当たり前のことなんだから

日本だけ遅れを取るわけにはいかない

といった感じに

レジ袋がとてつもなく悪いもの

という印象を与えられていますが、

世界の人がそうしているから正しい

という考え方はなかなか危険なものです。

 

日本の方が正しいことをしている

といいたいわけではないですが、

グローバルスタンダードといっておけば

それがもっとも正しいこと

みたいに思ってしまうのは

思考停止以外のなにものでもないと思います。

 

世界中の人がみんなで間違ったことを

していたらどうするのでしょうか

赤信号みんなで渡れば怖くない

みたいな状況になりかねません。

 

さて、

そんな悪者にされている

レジ袋ですが、

僕個人の見解としては、

レジ袋はかなりエコアイテムだと

考えています。

 

レジ袋(ポリ袋)は環境に悪いのか?

レジ袋を使っていると

環境に大きなダメージを与えているのか

という点について考えてみます。

 

海洋プラスチックゴミが

世界的に問題視されており、

風で飛ばされた袋を動物が

餌と間違えて食べてしまうという

被害が出ているそうです。

 

これはポリ袋に限った話ではなく

プラスチックゴミ全般に言えることで

ストローやプラスチックの破片などが

体に刺さってしまい、

大きな怪我をしたという動物も

たくさんいるそうです。

 

この話だけを見れば

人間が便利に生活するために

地球上のありとあらゆる生物に

迷惑をかけている!

それはとても良くないことだよ!

となるのは当然な気がしますが

海洋プラスチックゴミの中で

ポリ袋がどれくらいの割合を占めているのか

ここを見てみないことには

なんともいえないと思います。

 

環境省が調査したデータによりますと

海洋プラスチックゴミの

個数(比率)が多い順に並べると

  • 飲料用ボトル38.5%
  • その他漁具12.3%
  • ブイ11.9%
  • 漁網やロープ10.4%
  • その他プラボトル9.6%
  • トレイやカップなど7.4%
  • ライター、注射器等 3.3%
  • 発泡スチロールブイ3.2%
  • ストローやフォーク等 2.7%
  • ポリ袋 0.6%

 

といった順になります。

この調査結果を見て

海洋プラスチックごみを

減らすためになにをしたら良いと思いますか?

 

誰がどう見ても

プラボトルですよね

飲料用で38.5%

そのたのボトルで9.6%

この2項目で48.1%です

 

あとは漁に関係するものが

3割くらいを占めています。

 

その中でレジ袋はというと

たったの0.6%です。

 

個数にすると0.6%ですが、

容積で見ると0.3%だそうです。

 

つまりレジ袋を一切使わなくなると

海洋プラスチックごみが

なんと0.3%も減らす

ことができるんです

 

これで海の生物たちも

安心して暮らせますね・・・

とはならないと思います。

 

まずは小さいなことからでも

コツコツとというのは良いのですが、

もっとも小さなところから

はじめる必要はないのではないでしょうか

 

海にあるゴミとしては

量が少なくても

ポリ袋を作ると

石油を無駄に使うことになるから

ゴミだけの問題じゃない

っていう方もいます。

 

大気汚染の問題

二酸化炭素が増える

燃やし方によっては

ダイオキシンが出るんじゃないの!

みたいなことを言う方もいますが、

ポリ袋がどうやってできているのかを

知ると実は結構エコだったんだ

というのがよく分かると思います。

 

レジ袋(ポリ袋)はエコだった

石油やガソリンなどを精製すると

必ずポリエチレンというものが

できてしまいます。

石油やガソリン等を

一切使わない社会になれば

話は変わってきますが、

基本的にポリエチレンは

勝手にできてしまいますので、

そのまま廃棄するよりも

袋として活用したほうが

資源を無駄にしません。

 

 

そして、

ポリ袋というのは

燃やしても水と二酸化炭素しか

発生しませんので、

ダイオキシンは出てきません。

 

しかし

二酸化炭素の発生量が問題だ

と言われれば確かにそのとおりです。

二酸化炭素の発生量は

なるべく減らしたほうが良いでしょう

僕もそう思います。

 

そう思うなら

なぜポリ袋を使ったほうが

エコだなんて言い出してるんだ?

って思われたでしょうか

 

それはですね

ポリ袋がゴミとして捨てられると

ごみ焼却炉で燃やされるのですが

ポリ袋がゴミとして入っていると

ゴミを燃やすための

重油燃料の使用量を減らす

ことができるんですね。

ポリ袋のおかげでよく燃える

ということです。

 

ポリ袋を燃やすと

二酸化炭素が発生しますが

重油の使用量が減ったことで

重油からの二酸化炭素排出量が減るので

総排出量はあまり変わらなくなります。

 

つまり、

ポリ袋があってもなくても

二酸化炭素の排出量は変わらない

ということになります。

 

ポリ袋を作らない場合は、

ポリエチレンをただ廃棄するだけになるので

プラゴミは結局増えることになります。

それなら袋として使ったほうが

良いのではないかと考えられます。

コロナ禍では衛生面でも有利

2020年7月現在では、

新型コロナウイルス(COVID-19)が

世界的に流行しているため、

エコバッグを使用すると

衛生面では不利な部分が出てきます。

 

エコバッグの場合は、

繰り返し使うことが前提なので、

定期的に洗うと思うのですが、

そのときに使用される洗剤や

すすぎ用に水を使用するので、

ポリ袋と比べて、

果たしてエコバッグが、

本当にエコなのか?

というのが難しい判断になります。

 

エコバッグを作るのにも

化石燃料が消費されることが

ほとんどですので、

最低でも50回以上使用しないと

ポリ袋を使ったほうがエコだった

という調査結果も出ています。

 

コロナウイルス対策に

アルコールを使ったり

次亜塩素酸水を使ったり

使うたびに洗濯したりというのを

考えてしまうと、

どちらがどうエコなのかというのが

なかなか判断できなくなります。

 

水質汚濁とプラゴミ問題は

また別の話になるので、

単純な比較ができません。

 

ポリ袋は使用後は

ゴミ袋としてリユースされることが多く

衛生的というのも考えると

やっぱりエコアイテムだなぁと感じますね。

 

 

環境問題というのは

なにかを悪者にしても

そのしわ寄せが別の所にいって

さらに状況が悪くなる

ということがあります。

 

10年以上前に

IHコンロが流行ったときも

ガスコンロが目の敵されましたね。

 

自宅で二酸化炭素が発生しないから

オール電化がエコで良いみたいな

意見をたくさんありました。

 

その電気を作るために

どれだけの石油やガス、原子力などが

使われて環境を汚染しているのかは

まったく考えずにエコ、エコって

言っていました。

 

今回のレジ袋も似たような感じがしますね。

年間消費量が300億枚だから

国民全員が1日1枚の袋を無駄にしている

と言われています。

 

石油等を精製すると

副産物としてポリエチレンが作られ

昔はこれをただ廃棄していたものを

有効活用したものがポリ袋でした。

 

ただ捨てるのと

袋にして活用するの

どうせ勝手に作られてしまうなら

有効活用したほうがよいのではないか

と思っています。

 

 

最後に

よくインターネット上では

ウミガメが被害にあっているという

写真をみかけますが

合成写真が多いためなんとも

言えない状況です。

 

中には人間がウミガメに

無理やりプラスチックを突き刺して

写真を撮影したり

飲み込ませたりするケースもあるようですが、

誰がそんな酷いことをやってるのでしょうね

本当に恐ろしいことです。

タイトルとURLをコピーしました