加齢と共にEDなったり勃ちが悪くなる4つの原因

若い時と比べると、

徐々に勃ちが悪くなったり、

EDになったりする理由は

なんなのだろうか?

もう男として終わってしまったのか?

と悩んでる人もたくさんいると思います。

 

場所が場所なだけに

誰に相談したらいいのか

ちょっとわからなかったり、

友人にもなかなか打ち明けられないでしょう。

 

そんなよくある悩みながら、

結局なんなのかよくわからないのが

EDだと思うので、

恥ずかしがらずに

まずは知ることが

大事だと思います。

 

EDになる理由は、

大きく分けて4つあります。

 

  • 精神的なストレス
  • 動脈硬化の恐れ
  • 脳神経のダメージ
  • PDE5の影響(酵素)

 

精神的なストレス

仕事やパートナー間、

夫婦間でのストレスにより

性的な興奮がしづらくなっている状態です。

 

これは神経的なものなので、

ストレスがなくなれば

すぐに勃起するようになる

というものでもありません。

 

このパターンの厄介なところは、

治ってきたかなぁと思って

試してみたけど、

やっぱりダメだった・・・

と精神的なショックを受けて

またEDが悪化するところです。

 

ストレスなんていうのは、

ちょっとリフレッシュしたくらいでは

なくならないんですね。

 

EDになるくらいのストレスが

かかっている状況では、

1ヶ月や2ヶ月間リフレッシュしたくらいでは

ストレスはなくならないんです。

 

パートナーがいる方は、

自分一人で悩みを抱えていても

なかなか改善していきません。

 

正しい知識を自分だけではなく

相手にも持ってもらうというのが

とても大事なことだと思います。

 

EDでレスになってしまったら

浮気や不倫をされるかもしれない

という恐怖を感じている男性もいるようです。

 

こうすればいいよというほど

簡単なお話でもないので、

カウンセリングが必要になると思います。

 

 

動脈硬化の恐れ

精神的な理由でEDになる人は

全体数からすると約15%ほどです。

 

それ以外の方は

血管や血流、内臓系に問題があって

EDになっていることが多いです。

 

加齢に伴って、

血管が徐々に固くなっていき

しなやかさが失われていきます。

 

血管が固くなると、

血管が拡がりにくくなるため、

陰茎海綿体に十分な血液が

流れこめず、EDになってしまう

という人が増えてきます。

 

個人差はありますが、

動脈が固くなってくるのは

だいたい30代後半くらいからです。

 

なんとなく、年齢を感じ始め、

体力の低下を感じてくる年代ですが、

その理由は年齢というよりは、

血管のかたさが問題だと思います。

 

血管だけならまだ改善しやすいのですが、

高血圧、高脂血症などの

生活習慣病と合わされると

血管への負荷が大きくなり、

さらにEDになりやすい状態になります。

 

脳神経のダメージ

脳神経へのダメージがあるため

EDになりかけているもしくは

なっている場合があります。

 

たとえば、

脳出血があるとか

パーキンソン病

アルツハイマー

といった大きな病気が

原因となってEDになる場合があります。

 

勃起しなくてもいいや

と諦めている人もいるかもしれませんが、

実は大きな病気の前触れなのかもしれません。

 

 

  • PDE5の影響(分解酵素)

海綿体の筋肉を緩めて、

大量の血液をペニスに送り、

勃起状態をするときに、

サイクリックGMPという物質が増えます。

 

このサイクリックGMPが少ないと

勃起しにくくなるのですが、

なんと厄介なことに

サイクリックGMPを

分解してしまう酵素があるんですね。

 

その分解酵素の名前がPDE5です。

 

勃起するためには

サイクリックGMPが必要なのに

PDE5という酵素が分解する

 

これでは、

血液が流れ込めず

勃起することができません。

 

これがEDの正体です。

 

ということは、

PDE5をおさえてしまえば、

分解酵素がなくなり、

勃起できるようになる

ということですね。

 

でもどうやって酵素を減らすのか?

 

そこでバイアグラやシアリスという

PDE5阻害剤が必要になってくるわけですね。

 

バイアグラは名前だけが有名になっていますが、

正確にはPDE5酵素を減らして、

スムーズな勃起をするためのお薬です。

 

シアリスというのは、

1日以上効果が持続するため、

比較的に使いやすいお薬の1つです。

 

酵素が原因の人は、

こういった薬を使う必要があるかもしれません。

 

まだ若いからさすがに薬をつかうのは

なんてことも言われますが、

年齢的にまだ若いというのと

身体的に若いかというのは

まったくの別物です。

 

実年齢は25歳だとしても

血管や体の中は50歳なんて人もいます。

 

風邪を引いたら風邪薬飲むのと一緒ですよ。

気合と根性でもなんとかできる人もいますが、

そもそもそういった根性論の結果

なにかで失敗してストレスになり、

EDになる場合もあるので、

早め早めに治療を開始したほうが

結果的に楽になると思いますよ。

 

 

大きく分けると

4種類に分類されましたが、

精神面が原因でEDになる人の

全体数はそこまで多くないんです。

 

身体的な理由や病気が理由の人のほうが

圧倒的に多いです。

 

今回はあまり触れなかったですが、

下半身の筋肉量の問題もありますしね。

 

ある有名な方がいってるじゃないですか

筋トレとプロテインとセルフプレジャーをしていれば

だいたいの体の悩みは解決するって

冗談めかしていってますけど、

実際、皆様から相談されることのほとんどが

これで解決しますからね。

 

逆にいえば、これで解決しない

体の悩みは病院に行きましょうということです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました