河野太郎大臣ワクチンデマを一刀両断!デマと可能性は分けて考えたい

インターネット上で拡散されている

新型コロナウイルスのワクチンデマについて

河野太郎大臣がブログで

一刀両断する記事が投稿されたことで

話題になっていますが、

内容を読んでみると、

逆に不安に思う人が増えているようです。

 

どのような内容が投稿されたのか

気になりますね!

 

衆議院議員河野太郎公式サイトに

投稿されたワクチンデマについて

内容を確認してみます。

河野太郎公式サイトから引用

ワクチンデマについて
新型コロナウイルス感染症のワクチンに関するデマが流布されるようになってきました。 そもそもなぜ、ワクチンに関する正しくない情報が飛び交うのでしょうか。 EUの対外行動庁(EUの外務省にあたる)が4月に

 

なぜワクチンに関する正しくない情報が飛び交うか?

EUの対外行動庁(EUの外務省にあたる)が4月に公表した報告書によれば、中国やロシアが、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンの信頼性を傷つけるような情報発信をソーシャルメディアなどを使って複数の言語で行っています。

また、ワクチンに関する偽情報やデマを監視している団体によると、TwitterとFacebookにあるワクチン関連のそういった誤った情報の65%はわずか12の個人と団体が引き起こしていることが確認されています。

中には医師免許を持っているにもかかわらず、デマを流す人もいます。

河野太郎公式サイトより引用

 

とのことですが、

TwitterやFacebookでデマを流す

専門の業者や組織の人がいるのは

僕も知っていますが、

医師免許を持っているのにも関わらず

デマを流す人がいるというのは

もうちょっと言い方があるのではと感じます。

 

悪意を持ってデマを流す人と

医師としての経験則から見て

科学的な根拠としては弱いものの

少し危ないなと感じたものを発信したら

それはエビデンスがないからデマだよ

医師なのだから発言には責任を持たなきゃ

って否定するのは問題だと思います。

 

世間の人が医師に対して

どのような印象があるのかわかりませんが、

医師=最前線の研究者

というわけではないのです。

 

日々、診察、治療、手術等に追われていて

コロナの論文を書いたり、

新規の研究をする余裕がある人なんて

なかなかいないわけです。

 

現場で見ていて、

なんかおかしいなぁって感じつつも

それを証明するすべがないことは

コロナに限らずいくらでもあります。

 

100人に1人くらいの割合で

なんか変なことが起きるけど、

偶然なのかな?

 

自分がそういう目で見ているから

バイアスがかかってしまっているのか?

と疑問に感じながら

治療をしている人もたくさんいるでしょう。

 

偶然1万人に1人

10万人1人起きてしまったことを

こんなことが起きるかもしれないから

気をつけろと警鐘を鳴らすのを

デマを広めたとされるのであれば、

もう、なにも言えないですね。

 

デマを流す目的は?

ワクチンデマを流す目的は、一、ワクチンを批判して、自分の出版物やオリジナル商品に注目を引き寄せて、お金を稼ぐ、二、科学よりも自分の信奉するイデオロギーに基づいて主張する、三、過去に誤ったことを発言したために抜け出せなくなっている、四、自分に注目を集めたい、ということが大きいと言われています。

河野太郎公式サイトより引用

ワクチンを否定して儲けたい人がいる

というのは間違いないことですが、

その逆も然りです。

ワクチンを広めて儲けたい人がたくさんいます。

 

面白いことに

この1から4に書かれている内容は

すべてワクチンを広めたい勢力にも

当てはまってしまうため、

読解力がある人達は

安心するどころか

逆に不安になる人が増えているようです。

 

特に3番の

過去に誤ったことを

発言したために

抜け出せなくなっている

という部分です。

 

これはWHOにしても

厚生労働省にして同じことが言えますね。

2020年1月17日に

厚生労働大臣は

新型コロナウイルスの

ヒトからヒトへの感染の

明らかな証拠はない!

って発言しています。

厚労大臣 冷静な対応を…「ヒトヒト感染証拠なし」
 中国・武漢で集団発生している「新型コロナウイルス」による肺炎で新たに69歳の男性が死亡しました。こうした事態を受け、加藤勝信厚生労働大臣は「新たな発症者が出ているということではない」と冷静な対応を呼び掛けました。  加藤勝信厚労大臣:「現時点において限定的なヒト→ヒト感染の可能性は否定できないが、持続的なヒト→ヒト...

 

そのあと、

ヒトからヒトへの感染はするって

すぐに認めましたが、

その当時に嘘をついた自覚はなくても

結果的に嘘だったというのは

よくあることなのです。

 

河野太郎大臣のブログの後半を読むと

今回のコロナワクチンでも、不妊が起きるという科学的な根拠は全くありません。

mRNAワクチンが遺伝子に組み込まれる可能性はありません。

mRNAは細胞の核に入ることができません。

新型コロナワクチンに関して、ADEの可能性は考えにくいとされています。

とネット上で騒がれていることに関して

そんなことはありませんって

否定されていますが、

現時点では確認されていないことが

のちのち認識が間違ってました

ごめんなさいってなることは

去年からたくさんあったでしょう。

 

今は問題ないからといって

この先問題がまったくないのかは

別の話です。

 

ほとんどの人は

ワクチンを接種しても

ちょっと痛かったなぁ

なんか不調だなぁ

くらいで済むかもしれませんが、

その裏でひっそりで亡くなっている方

もう決して治ることがない障害が残った方も

現実の問題としているわけです。

 

アメリカでは6/18までに

ワクチン接種後に

6113人の方々が死亡しています。

ワクチンを打ったことで

助かる命もありますが、

打ったことで失われる命もあります。

 

ここでワクチンが良いか悪いかではなく

もう一つ違う角度で

考えなければならないことがあります

 

それは

日本人の99.3%以上の人は

そもそもコロナウイルスに感染してないし

何も問題なく暮らしているという点です。

 

2021年6月30日までの

感染者数は約79,8万人とされています。

日本の人口が約1億2600万人ほどですから

感染したとされる人の割合は

1%もないわけです。

 

そもそもPCR検査で陽性だったからといって

感染していたとは限らないので、

本当にコロナに感染して

発症した人はもっとすくない可能性があります。

 

日本では99%以上の人にとっては

風邪ですらないレベルで

流行していたものに対して

国民全員がワクチンを打つ必要があるのか?

漠然と怖い怖いと思考停止せずに

考えたほうが良いと思います。

 

今躍起になって広めている

mRNAワクチンに関しては

否定的な意見を持っていますが、

僕は国産ワクチンを

首を長くして待っているので、

ワクチン否定派ではないです。

 

ワクチンは必要だけど

今あるワクチンはいらない

って思っているだけです。

 

いつも言っていることですが、

今回のワクチン接種に関しては

家族であっても、

打つか打たないかを決めるのは

ご自身で判断してください。

 

必要だと思う人は打てばいいですし

ちょっと引っかかるんだよなって

少しでも感じる人は

打たないほうがいいです。

 

そもそも99.3%の人は

この1年半で1回も感染してないわけなので

何を気にしているのか

あらためて考えてみましょう。

 

コロナウイルスが怖いのではなく、

打たないことで職場にいづらいとか

自分のコミュニティの中で

居場所がなくなるとか

そういう人間関係から来る部分が

影響していて打ちたくないけど

打たなきゃってなっているのだとしたら

それはやめたほうがいいですね。

 

他人に合わせたところで、

なにかあったときに

誰も守ってくれませんよ。

 

なので僕は塩野義製薬さんに

期待しながら首を長くして

待ち続けたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました