みかんの食べ方で若返ったり老化が進んだり

みかんといえば、

ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く

甘くて美味しいのに低カロリーと

健康、美容において素晴らしい食べ物ですが、

食べ方を間違えると・・・

老化が進んでしまうかもしれません。

 

皆様はみかんをどのように

食べますか?

 

スジを綺麗に取って食べる人、

皮をむいたらそのままパクっと食べる人

中のみかんの汁を吸ったら、

皮は捨ててしまう人

 

いろいろな食べ方をする人が

いるとおもいます。

 

さて、みかんを食べるときに、

白いスジはどうしていますか?

 

みかんのスジは、

少し邪魔感じがしますが、

むしろあれば本体と言っていいほど、

素敵な成分が入っています。

 

その名も、ヘスペリジン!

 

マニアックな名前でいうよりも

ビタミンPというものでして、

ビタミンの一種なんだぁ~

っておもっておいて下さい。

 

そのヘスペリジンには

どんな魅力的な効果があるのか

今日はそんなお話をしたいと思います。

ビタミンP:ヘスペリジンの健康効果

ヘスペリジンはビタミンですので、

まずは抗酸化力がとても高いです。

 

体のサビを取ってくれるので、

何に効くとか、何に良いという以前に

老化の進行を遅らせてくれます。

 

1つ目にして老化をゆっくりに

という素敵な効果があるのですが、

2つ目以降もすごいですよ!

 

血流を改善して血圧を正常化させる!

 

毛細血管のメンテナンスも

してくれるので、

血管ケアにもなります。

 

若い時とある程度年齢が行ったときの違いは

血管の状態がかなり違います。

 

栄養を運んだり、吸収したりする

血管は日常生活で例えると、

道路に相当します。

 

50年間メンテなしの道路って

どんな感じになるでしょうか?

あっちこっちボコボコで、

なんとか車は走れるけど、

安全にスピードを出すことは

難しそうですよね。

 

血管も一緒です。

生まれたときから、

休まず血液が流れているので、

汚れでつまったり、

内部がボロボロになったりと

結構傷んでいます。

 

その血管をメンテナンスしてくれるのが

みかんのスジだったんですね。

 

血液が綺麗に流れるだけで、

体のストレスはかなりなくなります。

 

疲れも溜まりにくくなるし、

栄養もしっかり全身にいきわたります。

 

たかがみかん

されど、みかんなんですよ

 

あの白いスジにそんな効果が!!

って知ってしまったら、

なんか皮ごと食べたくなる勢いですよね。

 

さすがにそれはちょっと厳しいですが

 

3つ目の効果!

えっまだあるの?

って思われるかもしれませんが、

これが地味に素晴らしい

 

アレルギー改善です。

 

抗酸化

血管メンテ

そして、アレルギー改善

 

これはすごいでしょう

 

もう食べにくいからやだー

とかわがまま言ってられませんよ。

 

ここまで話を聞くと、

今日はスーパーでみかん買おうって

なると思いますが、

特におすすめなみかんというがあります。

 

それは・・・

 

青いみかんです。

 

青いというか緑っぽいみかんですね。

日本語的な言い回しでの青いみかんです。

 

熟したみかんより、

青みかんの方が、

ヘスペリジンがいっぱい入ってます。

 

青くてもよし

熟しても美味しい

みかんって素晴らしいですね。

 

捨ててしまいがちな

みかんのスジですけど、

今日からは無駄にしたくないですね。

 

みかんのスジを食べて、

血管ケアして

いつまでも若々しくいましょう。

 

あっそういえば、

いい忘れましたが、

がん予防にも良いと

お医者さんの間では

密かなブームです。

 

なんか一番大事なことを

いい忘れてましたね~

タイトルとURLをコピーしました