炭水化物を摂取すると太りやすい体質か確認する方法

炭水化物をちょっと摂っただけでも

すぐに体重が増えてしまうと人と

いっぱい食べている割には、

あまり体型が変わらない人っていますよね

 

いっぱい食べても全然太らないんだ

むしろ食べないとどんどん痩せちゃうの

って口では言っていても、

実は裏ではものすごい努力を

している場合もあるので、

実際、どうなんだろうって

思うこともよくあります。

 

そんな努力がどうこうという話ではなく、

体質的に炭水化物を摂ると

太りやすいのかどうかを

簡単に確認できたら

ちょっとおもしろいですよね

 

それを自宅で簡単に調べる

実験方法があるんです。

もし、自分の体質はどうなのか

気になる方は部屋でやってみましょう!

 

 

炭水化物で太りやすい体質かチェックする方法

日常的にあるもので

簡単に調べることができますよ。

用意するものたったの2つです。

 

・ストップウォッチ

・無塩クラッカー

 

実験方法

①ストップウォッチを構えます

もし、ストップウォッチを持っていない人は

スマートフォンのアプリで

時間を計測できるようにしておきましょう。

 

②無塩クラッカーを口に含みます。

噛まないように気をつけましょう

 

クラッカーから甘みを感じるまで何秒かかったか計測

 

これで実験終了です。

クラッカーから甘みを感じるまでの時間が

30秒以内だったら、

炭水化物を処理する能力が高いです。

体質的には炭水化物で太りにくい

という結果になります。

 

あくまでも太りにくいだけなので、

食べ過ぎれば太ります!

気をつけましょう

 

 

クラッカーから甘みを感じるまでに

30秒以上かかってしまった人は、

炭水化物の処理能力が少し低めなので、

炭水化物をたくさん摂取すると

太りやすいと思います。

 

炭水化物というのは、

まったく摂取しないようにすると

脳にも精神にも大ダメージを与えるので、

ゼロにするのはおすすめしませんが

多く摂りすぎればそれはそれで問題なので、

体質的に処理能力が低いと分かったら、

少し食べる量を制限しても

良いかもしれませんね。

 

 

 

とっても簡単な方法で

炭水化物を摂ると太りやすいかを

確認することができるので、

お時間ある時に一度やってみてください。

 

もしダイエット考えるのであれば

自分の体質にあった方法を

探していきたいですね~

 

タイトルとURLをコピーしました