プラズマクラスターが新型コロナウイルスを減少させる効果を実証しかし・・・?

シャープの特許技術である

プラズマクラスターを使用することで

新型コロナウイルスSARS-CoV-2が

減少するということが実証されました。

 

今回の実証実験の素晴らしいところは、

空気中に浮遊する新型コロナウイルス

に対して行ったという点です。

 

これまでにも似たような実験は

他の研究機関でも行ってきましたが

床や固形物などに付着したものに

効果がありますという内容が多く

空気中で浮遊している

新型コロナウイルスを減らせた

という結果は世界初です。

 

どこかにくっついているものに

照射してウイルスを減らすなら

プラズマクラスターやイオン等ではなくても

アルコールで拭けば対策できますが、

空気中に飛んでいるものとなると

対策方法がほとんどありません。

 

 

今回の実験結果を見ると

空気清浄機もかなり効果があるのでは?

と期待する人も増えるでしょう。

 

しかし、

シャープの市販の空気清浄機で

新型コロナウイルスを減少させられるか?

というのはまた違った話になってきます。

 

市販の空気清浄機で効果はあるのか?

今回の実験は、

狭い空間で高濃度のプラズマクラスターを

照射したらウイルスが減少した

というものです。

 

実際に僕たちが生活する

6畳の部屋とか10畳のリビング

とかで同じ実験をしたとすると

プラズマクラスター濃度が

かなり低くなります。

 

ただプラズマクラスターを

適当に当てれば減るという話ではなく、

高濃度のプラズマクラスターが必要になるので

実空間で効果を出そうとすると

なかなか難しいと思います

 

特にプラズマクラスター7000とか

25000では力不足だと思います。

 

プラズマクラスターNEXTであれば

ある程度の効果は期待できますが、

効果がある!

と言い切ることができないんですよね

 

それは新型コロナウイルスに効果があると

表示をするためには

医療機器の認定を取る必要があります。

 

医療機器として認定をとってしまうと

価格が大幅に上がってしまい

とても数万円で購入できなくなるため

たぶんシャープは認定をとらないでしょう。

 

同じような悩みは

パナソニックも抱えているようでして

ジアイーノやナノイーXを使用すれば

ウイルスをといいたいものの

医療機器の認定の問題から

はぐらかした表現しかできなくなっています。

 

しかし、

長崎大学の安田教授によれば

効果のある濃度を発生させれば

実空間でも効果が出せるという

見解を示しています。

 

僕もこの半年間コロナウイルスの

研究をしてきましたが、

まったくの同感でして、

声を大にして言えないものの

やっぱりイオンの力を

有効活用することで

感染予防になるのではと考えています。

現在、僕自身も横浜で実験中です。

 

 

手に付着したウイルスへの

感染対策はアルコールや洗剤でもいいですが

空気中に飛んでしまったものに対しては

対策方法がほとんどありません。

 

今回のプラズマクラスターの

新型コロナウイルス不活性化は

かなり期待できるものだと思います。

 

本来プラズマクラスターユニットは

製造コストがやすいので、

もっと価格帯を下げて

医療機関や一般家庭に導入できるように

していただけたらなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました