30代以上の女性に多い更年期障害と誤解しやすい橋本病

年齢的に更年期障害と

誤解しやすい症状が出てくるのが

橋本病です。

 

橋本病は男性1に対して

女性は20程度と

女性がなる率がとても高いものです。

 

そのため男性に話しても

理解されづらい病気の1つです。

 

30代以降でなることが多く、

年齢的にそろそろ更年期かなぁ・・・?

と誤解しやすいのが特徴です。

 

橋本病の自覚症状チェック

このような症状が出ていませんか?

  • 以前より疲れやすくなった気がする
  • 無気力になる瞬間が増えた
  • 寒さに弱くなってきた
  • 物忘れが増えてきた
  • 肌が乾燥する
  • 食事量が同じでも太るようになった
  • 太ったわけでもないのに顔が丸くなる
  • 便秘気味
  • 月経不順、月経過多
  • 声が少しかすれた感じになった
  • 喉仏の下が腫れている

 

年齢からくる女性ホルモンの減少や

新陳代謝の低下からくるものがあるため

なんとなくそろそろそういう年齢だしなぁ

と油断してしまいがちなものです。

 

更年期に出やすい症状と

似ていることが多いですが、

一番の違いは

ホットフラッシュ(ほてり)

起こすことが殆どないことです。

 

『ほてり』『のぼせ』といった

症状は出ていないけど、

上記のような症状が出ている方は

橋本病の疑いがあります。

 

特に30~40代くらいの女性で

これから出産を考えられている方は、

早めに治療をしたほうが良いです。

 

橋本病とは

橋本病という名前だけでは

なんの病気なのかが

よくわからないと思いますので、

簡単にご説明いたします。

 

橋本病というのは

慢性甲状腺炎という名前の病気で

甲状腺ホルモンが少なくなります。

 

甲状腺ホルモンは

脳、心臓、肝臓、腎臓などの

臓器に作用して代謝を上げる

大切なホルモンです。

 

この甲状腺ホルモンが少なくなると

不妊や流産のリスクが高くなるので、

30代以上の方で

これから妊娠を希望されている方

早めに検査をしたほうが

良いと思います。

 

特に遺伝する可能性が

とても高い病気なので、

母や叔母など近親者で

甲状腺の病気になった方が

いた場合は何も症状がなくても

検査しておくと良いと思います。

何もなければそれが一番ですからね。

 

病気の検査というと

もし自分がそうだったらどうしよう

手術とか怖いしやだなぁと

思うかもしれませんが、

橋本病で手術になることは

ほとんどありません。

 

甲状腺ホルモン薬を飲んで

ホルモンを増やすといった方法か

生活習慣を少しあらためるかくらいです。

 

身動きがとれないくらいの

痛みが出ている場合は

手術で取り除くことを

検討する場合があります。

 

しかし、ほとんどの人は

甲状腺ホルモン薬を

内服するだけで済むと思います。

ヨウ素が良いのは本当か?

病院に行くのも嫌だし

サプリや健康食品で

なんとかできないかな?

と考えるとヨウ素を含む

食品を摂ると良いのでは?

というアドバイスをされる方がいます。

 

ヨウ素を多く含む食品に

昆布やひじきなどを

たくさんとって

ホルモンを作ろうというのは

実はあまり良い効果になりません。

 

逆に甲状腺機能が低下してしまう

恐れがありますので、

必要以上に多く食べないほうが

良いと思います。

 

食べてはダメと言う意味ではなく、

過剰に摂取してもしょうがないよ

というお話です。

 

 

ある年齢になると

なりやすい症状というのは

橋本病に限らずいろいろありますが

老化だからしょうがないとか

怠けてるからそうなるんだといった

精神論にされることがありますが、

ぜんぜんそんなことはありませんので、

適切に治療をすれば、

元のコンディションに戻っていけますので、

気合と根性と乗り切ろうとしないでください。

 

なんか気持ちが乗らない

かったるい、やる気でない

というのは甘えでもなんでも無いので

橋本病のせいでなっているだけかも

しれませんよ。

 

身内の方が医学の知識がないと

精神論にされがちですが、

症状が出始めたら

一度検査してみるのはいかがでしょうか

きっと精神的にも楽になれると思いますよ

タイトルとURLをコピーしました