言ったとおりに動いてくれない

リーダー向けの研修会や

経営者向けの研修会で

そこそこ質問というか

愚痴で言われるのが、

「部下が言ったとおりに動いてくれない」

というお話です。

ほんと、

示し合わせたかのように

毎回、この質問が来ます。

同じ講座に2度来ることは

あまりないので、

毎回、初めて質問されたかような

反応をする癖がついてますよ(笑)

えっと、話を戻しまして

どうしたら、

こちらの思ったとおりに

動いてくれるのでしょうか?

という質問ですね。

う~ん、

他人なんて思ったとおりに

動かないし、動かせないものでしょう。

そのことにストレスを感じるのは

まぁいいのですが、

ずっとそのストレスを抱えていることは

大きな問題ですね。

命令、指揮が大好きな人は

すぐにこのパターンに陥ります。

上司やリーダーの仕事って?

部下が自分から動けるような

環境を作り上げることだと思います。

自分で考えて自分で動けるように

最低限の知識と技術を指導して、

あとは勝手にやってもらう

問題があれば微調整

外で問題が起きれば頭を下げにいく

というお仕事がメインなので、

部下をこき使ったり、

動かそうとするのは

ちょっと違うかなと思います。

そもそも他人というのは

変えられないものです。

変えられるのは

自分のみなんですね。

今までのやり方で

部下が動かないことに

苛立ちを覚え、

ストレスを溜め続けてきた

たぶん、変えなきゃいけないのは

部下ではなくて、

上司の方針や考え方だと思います。

結果が出ないやり方を

繰り返しつづけて、

なんで部下はこんなに使えないんだ

って愚痴ってるわけですからね。

たぶん、このケース

使えないのは部下じゃなくて

上司のパターンですね。

元々、誰がやっても難しい

他人を変えるという行為

ここにパワーを使うのではなく、

確実に変えられるものから

変化させたほうが早いですね。

自分の考え方、進め方

職場環境に変化をつけてみる

その辺りは、上司であれば、

ささっと変えられますね。

マネジメントというのは、

人材をあの手この手で

そそのかすことではなく、

環境改善のほうが

かなり重要だと思います。

なんで言ったとおりに

動かないのか?

相手にとって、

納得できるものじゃないし、

心に矛盾があるから

言われたとおりに体が動かない

仮に無理してやろうと思っても、

拒否反応が出てしまう

なんてこともありますね。

このお話は、

ビジネスの世界だけではなく、

パートナーシップでも

同じことが言えますね。

他人は変えられなくても、

身内なら変えられる?

って勘違いして、

パートナーのことを

自分の思い通りに動かせる

意識を変えさせることができる

と思い込みます。

瞬間的には、

確かに変えさせたように

見えることはあります。

それは相手が、

あまりにうるさいから妥協して

話を合わせてくれるからですね。

パートナーは

身内であって他人ではない

っていうのは法的な話で

自分以外はみんな他人ですよ。

そもそも家族の中で唯一

パートナーだけが

血のつながりもない

赤の他人ですからね。

それは結婚してても

そこだけは変わりませんね。

相手がおかしいんだから

相手が変わるべきだっていう

考え方で生きていると、

現況を何も変えられないですよ。

仮に変えられたとしても、

何年もかかるんじゃないですかね。

とはいえ・・・

だからといって、

自分自身は簡単に変えられる

ということでもないですね。

他人を変えるよりは、

簡単ですけどなかなか難しいですよね。

パートナーシップでも

さきほどのビジネスの話と一緒で

環境を変えるというのが

手っ取り早いです。

引っ越しするだけで、

なんかすごく流れが変わりますよ。

人材マネジメントから

環境マネジメントへ

ここに力を入れたいものですね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする