休息中の男性は脳が70%活動停止、女性は90%稼働

休みの日に夫が家にいると

とにかくイラつかせる発言や

行動が多くほんと邪魔って

感じている方がたくさんいるようですが

なぜ男は自宅にいるときに

役に立たないことが多いのか?

というのには理由があるんです。

 

それは、

休息モードに入ってしまった男性は

脳の70%が活動を停止します。

休みの日ゴロゴロしているからって

脳がそこまで停止しないだろうって

思っていたのですが、

ペンシルベニア大学が

休息中の男性の脳をスキャンしたところ

全体の70%が完全に停止していたようです。

 

ということはですよ。

休息中の男性は30%しか

脳が働いていないので、

気遣い、気配り、心配りなんてものを

期待したところで、

元々のスペック30%しか

発揮できないので

日頃と比較すると

できることが少なくなっています。

 

元々の能力が高ければ

30%でもそこそこできるかもしれない。

しかし、一般的なレベルで考えてみて

いつもの3分の1以下の力になってしまったら

小さい子供よりも役に立たないかもしれませんね。

 

脳のどの部分が停止しているのかで

話は変わってきますが、

70%も停止しているから

テレビの前でふんずりかえって

そこからまったく動かないとか

子供と遊びもせずに、

ゴロゴロしているだけ

というのも本人の性格というよりは

脳のスペックダウンによって

引き起こされている現象ですので

なにかを期待しても厳しいと思います。

 

うちの旦那は休みの日でも

張り切ってDIYやったり

精力的に動いているよって

ケースもあるでしょう。

 

あくまでも統計的に見ると

男性は休息時には脳が停止しやすい

というだけで、

全員が当てはまるわけではないので

もし休日もばっちり機能する人は

良い意味で男性的ではないのかもしれません。

 

 

女性は休息時どうなっているのか

というのも同様の検査をしたところ

休息時に機能が停止している脳は

たったの10%程度で、

ほとんどの脳が稼働していたようです。

 

女性の脳というのは

本人の意思とは無関係に

周囲の情報や人間関係

顔つきの変化などの

情報を収集分析しています。

 

それは休んでいても

その機能はほとんど落ちることはなく

常に脳がフル稼働なわけですね。

 

 

女性は休んでいても90%稼働

男性は休んでいると70%停止

言い方を変えると

男性は休んでいると30%稼働

となりますので、

脳の稼働率が3倍も違うんですよね。

 

たぶん男性からすると

いくら休日でも女性に比べて

3倍も能力差があるとは思えん

小城博士は女性に媚びた記事を書いて

男性を悪者にしてアクセス数を稼いでいる

なんて悪口もたまに飛んできますが、

別に僕はフェミニストではないですし

男のほうがバカで使えないなんて

全く思っていません。

 

得手不得手がある

ただそれだけではないでしょうか

 

今回は性別で分けて

男性はこう女性はこう

って話をしましたが、

全員が当てはまる話ではありません。

 

統計的見ると、

男性は休息時に70%脳が停止し

女性は休息時でも90%稼働できる

というお話です。

 

中には男性でも常にフル稼働

女性でも休みの日は全然ダメ

という人もいるでしょう。

 

どちらが良いという話ではなく

そういう特徴なんだというのを理解して

うまく自分の脳と付き合えばいいだけです。

 

そして家族であっても

この特徴は一人ひとり違います。

違いがあることを認め

互いに尊重することが

大切なのではないでしょうか

 

脳がフル稼働していると

細かいところに目が行き過ぎて

ストレスがたまることもあるでしょう

たまにはぼけぇ~とバカになるのも

大事な時間かもしれませんね~

タイトルとURLをコピーしました