冷めたご飯で便秘改善、腸内の善玉菌アップ

健康や美肌のことを考えると、

野菜を食べなければ!!

と考えるものの・・・

一人暮らしだと

結構、高くつくので、

ちょっと躊躇してしまいますよね~

 

そんなときに便利なのが、

冷めたご飯なのです。

 

温かいご飯ではなくて、

冷めたご飯を食べると

何がいいのか?

 

冷めたご飯の素晴らしさ

日本人であれば、

ほかほかの温かいご飯が

一番!!と思いがちですが、

白米は糖質が高く、

満腹中枢を刺激しにくいので、

ついつい食べすぎてしまいます。

 

そのため、

血糖値が高くなりやすかったり、

脂肪がつきやすくなるといった

欠点があるのが

ほかほかご飯なのです。

 

それに対して、

冷めたご飯

すばらしいですよ~

 

一度炊いたご飯が

常温程度に冷まして見ると、

ご飯のデンプンが、

消化しにくいものに変化します。

 

専門用語でいうと、

難消化性デンプン

「レジスタントスターチ」

というものに変化します。

 

冷めたご飯というと

響きが悪いですが、

レジスタントスターチ

ってなんていうと

なんかカッコよくないですか?

つい、知ったかぶりたくなるような

そんな魅力的な単語ですね~

 

レジスタントスターチの健康効果

・体に吸収されるカロリーが減る

消化しづらく、吸収効率が下がるので、

血糖値も上がりにくくなります。

つまり、太りにくいということですね~

 

・噛む回数が増える

よく噛んで食べましょうと

昔から言われてきましたが、

最近の炊飯器の性能が高くなりすぎて、

ろくに噛まなくても、

うまみ、甘みがでる白米が多くなりました。

 

そのため、

ほとんど噛まないで飲み込む

子どもたちが増えています。

 

今では、その子どもたちが

大人になり、お父さんお母さんに

なってきたため、

噛まないのが普通の世代が

登場してきています。

 

だがしかし!!

冷めたご飯なら、

噛む回数は自動的に増えます。

 

噛めば噛むほど、

口の中の酵素パワーで、

良い化学変化が起きるだけではなく、

満腹中枢を刺激されるので、

少ない量でお腹いっぱいになります。

 

太りにくく、経済的ですね~

 

・腸内細菌のエサになる

難消化性のデンプンというのは、

食物繊維の代わりになります。

 

冷めたご飯が腸内に入ってくると、

有機酸というものが作られて、

腸内が弱酸性になります。

 

弱酸性になると、

腸内の善玉菌が

活性化しやすい

居心地がよい環境になります。

 

そして、

腸内の細菌が、

冷めたご飯をエサにして、

増え始めるので、

乳酸菌飲料や野菜を食べているのと

似たような効果が得られるのです。

 

ということはですよ?

冷めたご飯を食べるだけで、

便秘にも効果があるということになります。

 

便秘になる理由は様々ですが、

腸内環境の悪化が原因の1つでしょう。

温かいご飯を食べてるだけでは、

詰まる一方ですよ~

 

腸内を良くしたくても、

一人暮らしだと、

野菜は高い・・・

ヤクルトも高い

ピルクルでも・・・ちょっと厳しい

というかうっかり飲み忘れる

といった問題があるでしょう。

 

しかし、

冷めたご飯であれば、

今までの食事を

ちょっと変化させるだけで

すぐに出来ますね~

 

かかるお金も変わりません。

 

おにぎりにして

常温で食べてもいいし、

普通のご飯をラップして

少しテーブルにおいて

冷ましてもいいし

 

温めるわけではないから、

レンジもいらないし、

ほんと楽ちんですね~

 

部屋の中で常温に冷やすときは、

かならずラップをしてくださいね~

 

どんなに綺麗に掃除している部屋でも、

空気清浄機をつけてる部屋でも、

カビ菌まみれなので、

ご飯がカビまみれになりますよ~

 

 

野菜、乳酸菌がなくても、

白米1つで野菜のような効果が

得られるんですから、

これから、朝、昼、夜のどこか

1食は、冷めたご飯にしたいですね~

タイトルとURLをコピーしました