便秘対策でやりがちなNG行動!

便秘になるとなんとかして

出さないといけない!って

真面目に考えるほど、

なかなか出てくれないものですね。

それは、もしかしたら、

間違った便秘対策を

しているのかもしれませんよ?

例えば、

便秘になったから、

食物繊維をいっぱい摂ろう!!

みたいなことやっていませんか?

ゴボウとかレンコンとか

根菜をいっぱい食べて~

お米も玄米にして~

みたいな

健康に良いものを食べてるんだから、

体に良いに違いない!

って思っていっぱい野菜食べたりね。

実はこれ・・・

便秘対策としては間違っているんです。

ゴボウなどに含まれる

食物繊維をたくさんとると、

便のカサが増えます。

結果的に便意を促して、

出したいって感じになるのですが、

よ~く考えてみてくださいね。

便秘の時って、

すでに腸の中がパンパンなんです。

もしかしたら、腸がねじれてたり、

直腸がつまってることもあります。

そんなときに、

食物繊維が大量にきたら

どうなるでしょうか?

つまってるところに、

新たな便がやってきて、

もっと詰まっちゃうんですね。

健康な時に、

便秘にならないようにするため、

ゴボウを食べるのはOK

便秘になってから食べるのはNGなんです。

それは、

ゴボウやレンコンというのは、

不溶性食物繊維といって、

溶けないんですね~

だから、詰まるんですよ。

じゃあ、

溶ける食物繊維はあるの?

っていうとちゃんとあります。

リンゴですよリンゴ

便秘対策には、

水溶性食物繊維が豊富な

リンゴ食べると良いんですね~

食物繊維が体に良いのは

間違っていないですが、

実は水溶性不溶性という

2種類の食物繊維があったんですね~

便秘対策をするなら、

水溶性じゃないと、

さらなる詰まりの元になって、

野菜を食べても食べても、

お腹がおちつかないって

パターンになります。

そうするとね~

人間不思議なもので、

いつも野菜食べてなかったら、

ぜんぜん足りてないんだ!!

って思い込んで

もっと食べちゃうんですよ

真面目な人ほど陥りやすい罠ですね。

次にやりがちなのが、

お腹が張ってるし・・・

朝食を抜こうかなぁ~

ってパターンです。

腸というのはですね~

胃に食物が入ると、

そのときの刺激で

大腸が動き出して、

便を送り出します。

これを専門用語で、

胃結腸反射

というのですが、

腸の動きを良くして、

便を出すためにも、

食べないといけないんですね。

でも、最初にいいましたが、

ゴボウを食べればいいんじゃないんです。

朝はリンゴ

これしかありませんな~

とはいえ、

リンゴばかり食べるのは

なかなか厳しいし、

朝から皮剥きするのも面倒です。

そんなときは!!

オリーブオイルの出番です。

えっ油分!?

って思う方もいるかもしれませんね、。

が体の中にあると、

便の流れがよくなるんですね~

なので、油分を摂るというのは

意外と大事なことなんです。

良質なオリーブオイルを摂って、

スルッと出したいものですね。

朝にオリーブオイルを使うとなると、

ヨーグルトと混ぜるかな

朝食にもぴったりだし、

ダイエット食としても

いい感じですね~

ヨーグルトをレンジで

30秒(500W)あたためて

(分離しない程度にね)

ココアとオリーブオイルをかき混ぜて

全部合わせると、

便秘と冷え対策になる

謎ドリンクが出来上がります。

ココアオリーブオイルヨーグルト

なんだこの組み合わせって

感じるかもしれませんが、

意外と大丈夫です。

いろいろアレンジして、

楽しみながら

便秘対策したいですね~

便秘だから

出さなきゃ、出さなきゃって

意気込むと・・・

今度はストレス性便秘になります。

余計なことは考えずに

リンゴ食べろってことですね。

Don’t think, eat!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする